お年玉の相場♪中学生はこんなにもらってる!?

中学生のお年玉は、本人は照れつつも待ち遠しいお正月の最大行事です。中学生なら大晦日は無条件で夜更かしするけど、やっぱり元旦は早起きをして、食卓に家族の顔がそろいます。

制服

この一年でグンと成長した子供に渡すお年玉。ぽち袋もアニメの主人公ではなく、落ち着いた和紙を選びました。中学生ですからね。

中学生のお年玉の相場 はどれくらい? 中学生はこんなにもらってるの!?

スポンサード リンク

2013年の中学生のお年玉相場はコレ!

お年玉をあげるのは、どのような相手でしょう? 自分の子供・親戚・ご近所付き合いのお家の子供・友人の子供。おつきあいの範囲で、渡す人数も随分変わってきます。

お気軽お手軽な福袋もイイよね。

お付き合いの度合いで、相場も変わります。あげる方ももらう方も気になる相場はこれです。

自分の子供・5千円、親戚・5千円、親しい間柄であれば2013年の相場はこれくらいのようですね。

ご近所付き合いのお家の子供・友人の子供は3千円。少し相場が下がります。親子間親族間が重要視されます。

中学生は5千円が妥当な金額といえます。少子化の今、お爺ちゃんお婆ちゃんも、この相場を知っておきましょう。年齢に相応しい金額をあげるのが、孫の為にもなります。

中学生のお年玉の使い道は?

今はあげる立場になったけど、子供のころお年玉で何を買ったかおぼえてますか? ゲームソフトが子供たちの欲しいもの第一位になってから、発売日が1月1日のソフトが沢山ありましたね。

販売するお店も元旦から営業をし、お年玉を貰った子供達が行列を作る、新年のニュースも風物詩の一つでしたね。

今時の中学生がお年玉を貰ったら買いたいもの、ゲーム・文房具・洋服・まん画そして、お正月だから福袋。ゲームは不動の第一位。女子は洋服がお目当てなのかな、友達同士で洋服を買いに行くのは子供の成長の証です。

スポンサードリンク


経済事情を知って大人顔負けの、堅実派も存在します。全額貯金が21%・全額親が管理4.8%という統計もあります。

一部貯金はするけれど今すぐは使わない派が50%強。欲しいものをすぐ買いますは、9%弱。経済効果も重要と理解しているのでしょうか。

使いたいけど使えない、今の世相を反映した中学生のお年玉の使い道。見習いたい世代がいるのは、確かですね。

中学生本人はお年玉をどう思ってるの?

今年は合計3万円。多いときは5万円位の時もあったから今年は少ないよ。てもお父さんは1万円以上くれるから嬉しい。

クラスの皆からは「多いね」と言われるけど、今年のお年玉は少ないよと、男子中学生がおしえてくれました。

お金

女子中学生は、うちのお年玉はこうなのと話してくれました。両親から4千円、お婆ちゃんから1万円。お父さんのお爺ちゃんと、お婆ちゃんからは5千円。合計1万9千円。

お母さんの方の、お婆ちゃんはいつもこれ位くれるんだけどお父さんの方は、ケチっていうかもう少し出して欲しいと思います。少ないですよね、親戚も少ないから仕方ないけど。

普段は月額2千円平均のお小遣いで、頑張る中学生がこの時だけ、ちょっぴりリッチになれますから沢山貰えば嬉しいもの。

でも中学生位になれば周りも見ていますよね。仕方のない事情等、意外に納得しているお年頃なのですね。

お年玉♪あげる大人は何を思う?

お年玉。お正月早々これでもめました。身に覚えのある方結構いらっしゃるのでは、ないですか? あげる時に一番気になるのは、つり合い・相場・金銭感覚。

この三つが相手とあまりにもかけ離れていると、一悶着ありそうです。あまりの高額のお年玉をみて、突き返した人。たまにしか、会わない孫に見栄を張る義両親。

子供がいないので、いつもあげるだけ。話は尽きません。子供の前ですから、ここは穏便に行きましょう。対策としては、事前に親族会議の開催をおすすめします。ざっくばらんに話ができることを、祈ってます。

高校生はいくらもらっているか? 気になりますよね。そんなにたくさんもらえるの…。うらやましいな。
お年玉の平均額は?中学生と高校生でこんなに違う?

2014♪中学生のお年玉相場に変化は?

4月には消費税が、8%に引き上げられる事が決定している2014年に明るい話題はあるのでしょうか?

中学生のお年玉が、ガーンと跳ね上がることはまず、ありません。来年も相場に、変化はほとんどないようです。景気に左右される訳ではなく、現在の相場が中学生に相応しい金額という認識が、浸透しているのですね。

いつもと違う金額を手にした時が、経済を学ぶチャンスです。大人は、まず新札を用意をしましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ