結婚式の友人スピーチで感動を! 言えなかった感謝を伝えよう♪

結婚式で、友人代表の、スピーチを頼まれると、ドキドキしちゃいますね。とてもとても、自分では役者不足…、なんて謙遜しては、いけません。

自分を指名してくれたことは、その友人とって、自分を大事に、思ってくれている証拠です。喜んで、引き受けたいところですね。
結婚式スピーチ

素直な気持ちを、素直にスピーチするのが、一番感動を呼ぶから、それでいいんだよとはよく聞きます。

友人に贈る感動のスピーチ。結婚式であの時言えなかった感謝を言葉にして伝えれば きっと心に響きます。

スポンサード リンク

スピーチの準備と練習はマストです!!

スピーチが得意な方であれば特に必要ないのかもしれませんが、やはりスピーチ慣れしていないと失敗を恐れて、たどたどしいスピーチになってしまい、感動どころではなくなってしまいます。

参考にして下さい。こんなに落ち着いて話せればイイのですが…。

立て板に水のプレゼンで連戦連勝の営業マンに準備練習が必要なように、結婚式のスピーチにも同じことが言えます。でも原稿作成のためワードを立ち上げても、すぐには文章がでてこなくて結局ぶっつけ本番なんてことも。

ご心配なく、何度かスピーチをした私が思う、結婚式の友人代表スピーチで、大事な事をお教えします。自信を持って本番に臨んで下さいね。

具体的なエピソードを出す

私が聞いてきた、スピーチで感動するスピーチは、必ず具体的なエピソードが、盛り込まれていました。

「○○さんは、優しくて、ムードメーカーで…」のように、その人の人柄を、並べただけのスピーチでは、ぼやけてしまって感動しませんでしたよ。

スポンサードリンク

私が、友人のスピーチを、した時です。私も友人も特に目立つこともない、学生生活を送ってきましたので、絵に描いたような、感動エピソードはありませんでした。

結婚する友人との思い出は、毎日の何気ない日常でした。学校で先生に「二人はいつも一緒だな」と、言われ「一生の友達です!」と、二人で答えた事をスピーチにしたのです。

席に戻って、周りから「感動しちゃった!」と、言われました。その時、私としては、終わってホッとした気持ちが大きかったです。

感動させようと、考えたスピーチではありませんでしたが、何気ない日常の、エピソードが良かったと言われましたよ。

「修学旅行、楽しかったね。」とか、「部活の時は、ありがとう。」とか、いっぱい思い出がありすぎて、新婦と私にしか通じないスピーチをしてしまいがちです。

無難に収まったけど、感動するスピーチでは無かったなと思います。今思えば、もう少し、考える余地もあっただろうにと、反省することしきりです。

感動を呼んだエピソード

これは、私が職場の人の結婚式に、出席した時の友人代表のスピーチです。スピーチしたのは新婦の、中学時代の同級生でした。

友人スピーチ

中学校2年生の時、私は長い髪を切って憧れの、ボブヘアにした筈でした。しかし、のっぺりとした顔の私はボブヘアどころか、こけしのようになってしまいました。

家族に、とても笑われてしまい、ものすごく落ち込んでいました。そんな時に、学校で○○ちゃんは私を笑うことなく、落ち込んでいる私を励ます ように、色々とアレンジを一緒に考えてくれました。

とても、傷ついていた私にとってどれほど嬉しかったか、言葉では言い表せないほどです。

あの時は、自分の事でいっぱいできちんと、言えなかった言葉です。○○ちゃん、本当にありがとう。

大まかに、このようなスピーチだったと思います。「こけし」のところで、ちょっと笑え、とっても繊細な中学時代に、新婦がお友達の気持ちを汲んでくれた事に、ジーンときましたよ。

あの時言えなかった、感謝や言葉を、スピーチに、入れると新郎新婦は、とても感動しますね。

間を大事にする

感動を呼ぶスピーチは、上手い言い回しや流れるような話し方ではありません。「結婚には3つの袋が大事です。1つ目は…」なんていう、お決まりのスピーチもあります。

けれど誰もが、どこかで聞いたことが、あるような例えを、淀みなく流れるように、話したとしても、全く感動は呼びませんね。感動を呼ぶには、「間」が大事になってきます。

原稿を、読みながらのスピーチでも、話している、そのエピソードを強く思い出し、こみ上げてくる想いで言葉が詰まる…その「間」が、聞いている人々皆に、感動を呼び起こします。

「おめでとう」「ありがとう」「幸せに」これらの、大事な伝えたい言葉の前は、新郎新婦をじっと見て、笑って頷いて、ゆっくりと声にして下さい。

内容はどんなものか忘れてしまったけれど、私が覚えているのは、スピーチする友達が涙で声を詰まらせながらしているスピーチです。

もう、何を言っているのか、判らなくなっていたのですが、新婦の結婚を喜んでいるんだなぁと、心がじんわりと、温かくなりましたよ。

 

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ