結婚式の費用を節約したい! 笑顔でできる節約ワザはあるの?

結婚式は人生の一大イベントですね。お祝い事だからとお金を惜しまないでできるのが理想ですが、現実は厳しいですね。

何百万ものお金がお財布から出ていってしまうのを黙って見過ごす余裕はなかなかありません。あまりの金額の大きさに何とか、節約できるところはないか考えますよね。

費用節約

チョット淋しいすべて節約した結婚式は挙げたくない。知らないうちに高いお金を払う結婚式は2人の気持ちと財布が納得しない。

2人も招待客も満足できる費用の節約は結婚式を成功に導きます。

スポンサード リンク

ココは節約しない重要ポイントを知っておこう!!

結婚式を挙げることが決まったら最初に行くのは本屋さんですか。漬物石より重いあのキラキラ指南本を手にする時は、花嫁オーラが自然に出ちゃいますよね。

手作り大好きな方におススメです。

でも今回のテーマは節約。本屋さんの帰り道にはATMに寄って、残高照会をしましょう。自分たちがこうしたい結婚式のイメージをここからスタートさせて下さい。

親族と招待客に囲まれた2人の笑顔が浮かびますよね。もうお分かりですね。節約をできるだけしない方がいいポイント。

お食事・飲み物・テーブル装花・引き出物

出席してくれたお客様に直接係るモノばかりです。ここは節約と妥協はしないで、満足のいく内容にしましょう。この後は節約できるこんなワザ、あんなモノをご紹介していきます。

どんな結婚式にするか地固めで節約!?

結婚式を挙げる場所。2人の住まいや実家からの距離を勘案して候補を探すことになります。まずはネットで検索が基本。HPを直接みることで、期間限定のプラン等も掲載されています。

手が出せないと思っていた式場もプランを選べば候補に上がる可能性も出てきます。

候補が決まればウエディングフェアに参加をして見積もりを出してもらいます。見積もりを出してもらうときは、自分たちがどういった結婚式にしたいかをできるだけ伝えるのが重要です。

式場が一方的に出す見積もりは、最低これだけ掛かる数字と認識して下さい。次に自分たちの希望で見積もりを出してもらうと、100万以上の差が出てしまうことも…。

最初にその式場で行われる一般的な内容で、現実の見積額をだしてもらうことで、節約できるところが見える化できます。

スポンサードリンク

自分たちが動けばできる節約術!?

結婚式場からもらった見積書を前にしてため息をつくよりも、そこを足掛かりにして行動することが節約を招きます。

  • 手配は自分たちで
  • 持込み料を心配することなく、自分たちで決めたアイテムで行える結婚式。レストランウエディングが選択肢としてあがります。お食事がウリですから、招待客にも喜ばれますね。

    ヘアメイクも自分でとなりますが、友人にプロがいればラッキーですね。通っている美容師さんにも聞いてみましょう。式場専属で働いていた方結構いますよ。

指輪

  • 季節とお日柄を選ばない
  • 基本夏と冬はシーズンオフ。サマーウエディングの値引きはどこの会場にもあるようです。バレンタイン月の2月も特別料金の設定をしているところが必ずあります。

    お日柄は仏滅を選べば、値下げ交渉はしやすいですね。お日柄にこだわる人を説得するエネルギーが必要かもしれません。

    大安にド派手な結婚式を挙げた人が必ず長続きするとは限りません。2人の力を合わせて説得に取り掛かれば、周りも賛同してくれますよ。

  • 頼りになるプランナーさんとの出会い
  • 見積書をじっくりみて見ましょう。不明点はありませんか。ビジネスライクに点検する事が必要です。テーブルの数や飲み物の提供の仕方。これを変えるだけでも節約になります。

    2人の希望をしっかり伝えることで、プランナーさんも味方になってくれますよ。

お礼がしたい! と思えるプランナーさんとの出会いを願っています。
結婚式でのプランナーへのお礼をしたい! 何が一番喜ばれる?

手作りにすると節約になるアイテムは?

少しでも節約したい時に思いつくのは自主制作。手作りキットも手軽に入手できるものもあります。実際にはどうでしょう? ハンドメイド好きなあなたにおススメ手作りもありますよ。

・ペーパーアイテム
結婚式場に依頼すれば招待状からメニューまで筆耕も含めて1人1000円前後。自主制作は1人400円前後で作成可能なので、数字上は節約になります。

テンプレートを使えば短時間で仕上げることも可能のようですが、時間に余裕があってパソコン作業が好きな方なら挑戦する価値はあります。テーマカラーで作ればテーブル装花にもマッチします。

・アクセサリー
手作りアクセのためのキットもあります。道具がなくても手作りのパールネックレスが1000円以下で出来るモノならかなりの節約になります。

一つ作ってはまってしまったら、ティアラだって作れます。こちらは5000円前後です。レンタルでもセットで約5万円になる場合もあるので、ハンドメイドが好きな方にはおススメ節約です。

・プロフィールビデオ
プロフィールビデオは、作ってもらうと1つ2万~5万円程もします。オープニング・生い立ち・エンドムービーまで作るとなれば10万円はかかります。

パソコンがあるなら、結婚式用のムービーソフトが1万円程度で、売っていますので、作ってしまうとかなりの節約になりますね。

演出だって節約できます。こちらの記事を参考にしてね♪
結婚式の演出アイデア♪ 決め手は予算と感謝で!?

自主制作は2人で協力体制が取れればいいのですが、どちらかが負担を感じて、マリッジブルーにならないよう気をつけて下さいね。

ここはお金をかけたい、ここは節約できる。メリハリのポイントを2人が共有して結婚式の節約行動ぜひ実践して下さい。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ