結婚式のドレス♪ 親族で出席するとき知っておきたいことは?

結婚式のドレス。親族で出席する場合少し迷ったりもしますか。友人の結婚式はオシャレ感と祝福のキラキラ感が上位に来てたけれど…。

やはりそうはいかない、親族での参加。でもお祝いの席なのは間違いないので、新しい門出に相応しいドレスで列席をしたいですね。

親族ドレス

今回押さえておきたいのは親族としてのドレス。本来なら着物という選択肢があるのだけど、動くコトも計算した結果ドレスでの出席を選びました。

ドレスで出席する結婚式。親族のドレスコードと基本のマナーを知っておきましょう。

スポンサード リンク

結婚式に出席する親族のドレスコードは?

結婚式で着用するドレス。一口に親族と言ってもその立場は様々です。和装よりドレスを選択する理由も色々ですね。

親族で結婚式に出席する場合共通しているのは、結婚式に参加する。親族として紹介される。何かサポートをする時がある。意外と出番が多いのが親族としての立場です。

行く久しい幸せを願ってます♪

ドレスを選ぶ場合は新郎新婦の両親が正礼装であればそれよりもワンランク下の、準礼装となります。

選ぶアイテムとしておススメはこのような装いです。
・アフタヌーンドレス
・フォーマルなワンピース
・セレモニースーツ

ドレスを新しく購入する予定の方に、失敗のない基本事項をお教えします。

ドレス選びの基本マナーを知っておきましょう♪

友人として結婚式に出席したことがあれば、ドレスの基本マナーの復習になります。再確認してお気に入りを選んで下さいね。

、オフホワイト一色は避ける。
・ダークカラーの黒のみはNG。
・ノースリーブ、襟ぐりが広く開いたモノ、ミニ丈はNG。
・派手すぎず地味すぎずをチョイス

白は花嫁のものです。これは親族でも同じ。黒だけでは喪の装いになります。羽織モノや小物で明るい色をプラスして下さいね。

肌の露出が多いものはマナー違反です。スカート丈は年代に比例して長くなるのが美しいですね。

ビジュアルは黒やダークグレーを選びがちですね。程よい華やかさも必要です。色を選ぶ時は花嫁のカラードレスも確認が必要ですね。かぶらない色を選ぶのも親族としての心遣いです。

迷った時に思い出してほしい言葉は慎ましい+上品。これを感じ無いものは選ばないのがマナーです。

スポンサードリンク

年代や未既婚もドレス選びには重要?

慎ましい上品な親族を目指して、年代別ドレス選びのヒントをご紹介。ここで忘れていけないのは、親族はあくまで招待客をお迎えする側。おチビちゃんもご長寿の方もこれは同じです。

◆未婚の若年層ならこれで

年代 おすすめスタイル
女の子 レース・フリルのお出かけ風ワンピース
いとこ 品の良さがあるおよばれワンピース
制服 フォーマルワンピース

結婚式場の格や時間帯の確認が必要な場合も。迷うときは親族間での調整をしましょう。

ブーケ

◆既婚者はこれで

年代 おすすめスタイル
祖母 フォーマルスーツ
おば フォーマルなワンピース・スーツ
姉妹 アフタヌーンドレス・フォーマルワンピース

新郎新婦両親より控えめが重要なポイント。

女性の昼間の正装のアフタヌーンドレスは形はワンピース。丈はひざが隠れるものからくるぶしまで。既婚者のドレスとしておススメです。生地は光沢を押さえたものを。無地もしくは無地に見える素材は格が上になります。

ご両親の服装はこちらの記事をチエック! おめでとうございます♪
結婚式での両親の服装は? 両家の格を合わせるポイントは?!

ここでも慎ましい上品さのフォーマル感を忘れてはいけません。フォーマルの本来の意味は人と人の間をを円滑にするための礼儀作法。結婚の先輩として相応しいドレスで決めて下さいね。

年代による事情は優しさで対応♪

何度も出てきますが親族は年代も幅広く事情も色々。少しマナー違反になる場合があってもそこは優しさで対応です。

マタニティの方はフォーマルワンピにペタンコ靴で大丈夫ですよ。特に妊娠後期になる方は気をつけて下さいね。マタニティ用フォーマルはレンタルの利用も賢い選択です。

乳幼児のママは動きやすいスタイルで出席して下さい。いつもと違う雰囲気の会場で泣く、はしゃぐの興奮状態は仕方ありません。子供対策重視で選んで下さいね。

普段着なれているパンツスタイルで参加したい方もいますね。心から祝福するのは、足元の落着きも大事。ムリにドレスをすすめるより、パンツに合わせたコーディネートを一緒に考えてあげて下さい。

長い時間を過ごした兄弟姉妹。子供の頃の顔を知っているいとこ。甥姪孫ならなお一層の感慨があります。

ドレスコードとマナーをクリアするコトも大切ですが正しい立ち位置はあくまでホスト。気持ちよいサポートが心からの祝福となることは間違いありません。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ