結婚式の電報の送り方♪ 新婦の宛名は旧姓でいいの??

結婚式に打つ電報は祝電。招待されたけど出席できない場合などにお祝いのメッセージを伝えるために送ります。

めったに打つ機会のない電報。新しい出発の日に間違いなく届けたい祝福の言葉と気持ち。

結婚式

お日柄のイイ日は式場も混み合うはず。確実に届くかどうかなどと心配にもなるから、ここはしっかり調べて手配をしましょう。

間違いのない電報の送り方。結婚式に送る時はこうすれば大丈夫!!

スポンサード リンク

送り先はどこにすればいいの?

確実に結婚式のお祝い電報を送りたい時の必要事項を確認します。

バルーンアート♪ 自分でもできそう…。

送り先は結婚式場を指定します。ですから式場の住所を調べておきます。HPを見れば載っていますよ。

もう一つ付け加えるのは披露宴会場名。同じ日に同じ式場で何組か式を挙げる場合が多いですね。間違いなく届くためには必要な項目です。

いつ送ればいい?

配達日は余裕を持って、披露宴の前日を指定します。披露宴が午後からであれば、当日の午前中でも大丈夫なのですが、前日の午後に届いていれば安心ですね。

うっかりさんだけに教えますが、リミットは披露宴開始1時間前の到着。これは万が一の場合と思っておいて下さいね。

余裕を持って届いていれば電報を新郎新婦が確認できます。披露する順番を指定したり、必ず読んでほしい祝電を選ぶなどの打ち合わせは当日その場となります。

事前に配達日を指定して申し込めば割引になる場合もあります。お得なサービスで慌てること無く手配しましょうね。

スポンサードリンク

宛名はどうするの? 新婦は??

では誰宛に送ったら良いのでしょうか? これは意外と難問ですね。理想的なのは新郎新婦あてです。ただし新郎のことをまったく知らないという、間柄でしたら新婦の名前で出しても大丈夫です。

連名で出すと、自分がよく知らない、新郎側に電報が渡ってしまう可能性もあるからです。男性もここに気をつけて宛名を決めて下さいね。

さて新婦の宛名は、新姓か旧姓どちらで送るべきなのでしょうか? 一般的なマナーとしては旧姓で送るのが良いとされています。

招待状も新婦の名前は旧姓になっていると思います。披露宴は新郎側と新婦側の両家が主催者だからです。

例えば、新郎が鈴木太郎、新婦が佐藤花子であるならば、鈴木家の新郎と佐藤家の新婦が、結婚するのですから新婦は旧姓で大丈夫です。

具体的には、連名であれば「鈴木太郎様、佐藤花子様」とします。

また招待状の差出人が新郎新婦名でなく、両家の名前で届いている場合は「鈴木 佐藤御両家様」としても良いです。

ただし、入籍してから披露宴までかなり時間があいて新姓で招待状が届いたという場合は新姓で送ってイイですよ。

もう一つこんな心配のある方。自分も結婚して苗字が変わったばかりの場合。新郎新婦に、自分の新姓が知られていない可能性もありますね。

そんな時は「○○○○ 旧姓△△」と送れば、受取る側には誰から届いたのか、すぐにわかってもらえます。

スピーチを頼まれた方はこちらの記事をチエック!
結婚式の友人スピーチで感動を! 言えなかった感謝を伝えよう♪

申し込みはどこでどうするの?

申し込みの方法も色々ありますよ。昔ながらの電話からの申し込みは局番なしの「115」です。パソコンやスマートフォンからも申込みができます。ちなみに、台紙とメッセージは別料金です。台紙は0円からあります。

ガラスの靴・カタログギフト・バールーン・りかちゃん人形と台紙にこだわった電報は選ぶのに時間がかかりそう。凝ったものでなければ、23,000円ぐらいで送ることができます。

心に残るような、素敵な電報になるといいですね。でも、難しく考える必要はありません。文章を考える時間と自信の無い方は文例も出ています。

祝福する気持ちがあればどんな言葉でも嬉しいものです。でもお祝いの場として避けたい言葉もあります。載せておきますので参考にして下さい。

別れる 戻る たびたび しばしば

別れや再びを連想する言葉は使わないのがマナーです。ネットからは顔文字を使った文章も送れるので、笑顔も一緒に送れますよ。

こんな時電報を送って大丈夫?

電報についてこんなお悩みを耳にしました。
Q.
2次会だけに招待されているのだけど都合が悪くてどうしても行かれません。この時電報を2次会の会場に送ってイイですか?

A.
この場合は結婚式の行われる披露宴会場に電報を送りましょう。2次会には行かれないけれど、祝福のメッセージを送れば受け取る方も嬉しいですね。

結婚式に送る電報は披露宴に列席しないけれど、お祝いの気持ちを届けられるステキなツールです。

受け取った側も、後で読み返すことでメッセージが心に沁みることは間違いありません。余裕を持って手配をして心からの祝福を電報で伝えてくださいね。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ