クリスマスのミサとは? 教会は誰でもウエルカム! でもドレスコードあったりするの?

クリスマスに教会のミサに行く、なんて聞くとチョット特別感があります。教会に行く、そのものが日常ではなく非日常。

旅先で訪れる時は大聖堂・教会堂・寺院など見た目もビック。貴重な人類の遺産と同時に、神に祈りを捧げる荘厳な場所です。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9

日本人と教会の関係、今ではHAPPY最優先のつながり。人生の大きな門出の祝福と、プレゼントとグルメのクリスマス。といっても直接教会に行く機会はあまりないのかもしれません。

今年こそ訪れたいクリスマスのミサとは? でも教会へ行く時はどうすればいいの? アポなしでも大丈夫? なにか予習していくコトはあるの? ドレスコードあったらどうしよう~♪

スポンサード リンク

クリスマスのミサとは? 教会に行こう…

クリスマスのミサとは? 参加するために教会へ行きましょう。いつもと違うクリスマスにできそう。クリスマスのミサしかも教会…。

教会はとてもオープンな場所なので、誰でも訪れることができます。まずクリスマスのミサとは? について調べてみました。

ノートルダム寺院♪ステンドグラスもステキです

ミサはカトリック教会で行われる礼拝の儀式、プロテスタント系ではクリスマス礼拝と呼んでいます。

ミサや礼拝はクリスマスでなくても平日や日曜日にも行われています。キリストの誕生日である降誕祭として、クリスマスミサやクリスマス礼拝が行われますよ。

ミサや礼拝は行われていれば、誰でも参加できます。クリスマスでも一緒。クリスチャンや信者でなくても、誰でも予約無しでクリスマスミサや礼拝に参加可能。

ミサはこんな感じで行われます。

    ★クリスマスミサの流れ

  • キャンドルサービス
  • ・歌:司祭が入場する時にクリスマスにちなんだ歌が唄われます。
    ・司祭入場
    ・祈りと歌
    ・ミサでの願いを祈り、参加者は「アーメン」で答えます。

  • 言葉の典礼
  • ・聖書の朗読を司祭が行います。クリスマスにちなんだ箇所が読まれます。静かに聞きましょう。
    ・聖書の内容に関する聖歌を歌います
    ・福音(キリストの生涯と言葉の文書)の朗読を司祭が行います。クリスマスにちなんだ箇所が読まれます。

    ・説教:福音書の解説。神からの言葉を日々の暮らしにも役立てるよう優しくお話してくれます。説教=怒られるではありません。教えて分かりやすく説くのが説教です。

    ・宣言と祈願

不安なのは聖歌と聖書ですか? 歌集と聖書は貸し出しがあったり、式次第に書かれていたりするので用意する必要はありません。きよしこの夜も聖歌です、これなら歌える気がしますね。

クリスマスに教会デビューという方は間違えたらどうしようと思いがちですが、その必要も無し。周りの方をみて動けば大丈夫。ミサはまだ続きます。

スポンサードリンク

クリスマスのミサ♪この後は感謝と平和

クリスマスのミサ、所要時間は約1時間。このあと後半は、感謝と平和のための祈りです。

    ★ミサは神への感謝

  • 感謝の典礼
  • パンと葡萄酒を祭壇に供え大地からの収穫に感謝をします。

    ・司祭が祈りを捧げ、参加者は聖歌で感謝を唄います。

    ・信者はパンと葡萄酒をいただき、一般参加者は司祭からの祝福を受けます。

    ・退場:クリスマスにちなんだ聖歌を唄って静かに退場。

このような流れですが、宗派や教会によって違いはあります。教会と人々の平和を願って、互いに挨拶を交わす「平和の挨拶」をする場合もあります。

日本ではお互いにお辞儀をする「礼」がほとんどですが、国によってはいきなりのハグで平和を祈ることもあるので、その時は楽しんで下さい。

ここで迷うのが献金ですね。献金には相場が無いと同時に、献金をしないという選択肢ももちろんあります。

信者の義務として収入の1/10を献金するという説があります。今は信者であっても献金の額は任意が一般的のようですね。

お財布から小銭を出すのはちょっと…という方、音を出さないために前もって紙に包む、ぽち袋にいれるなどすれば大丈夫。献金袋の記名・無記名も自由です。

クリスマスのミサにドレスコードはあるの?

クリスマスのミサにドレスコードはありません。ただし、式次第を見て分かるように、すべてが厳かに行われる儀式です。服装には少し気配りが必要ですね。

%e6%95%99%e4%bc%9a

教会によっては普段着でとお知らせしているところもあるのであまり堅苦しく考えなくてもいい場合もありますが、露出が多い服装は避けましょう。

季節的にはこの心配は少ないかもしれませんがミニスカートはNG。長く信仰を守っている方は華美な着飾りを良しとしない場合もあるので、寒さ対策と清潔・清楚で決めましょう。

デニムとセーターでOKの教会もありますが、ダメージとクラッシュは避けた方が賢明かも。

クリスマスのミサの情報はどうやって知る?

クリスマスのミサ、人気の教会は大勢の人が訪れているようです。クリスマスの雰囲気を味わいたい、慌ただしい師走の一日をゆっくりと過ごしたいなど、理由は色々ですね。

基本的には12月24日は夕方から、25日は午前中に行われることが多いようです。大きな教会はHPにスケジュールが掲載されます。

★プラスアルファのお楽しみがある教会をご紹介♪
クリスマスを教会で♪東京ならココ!! デートコースにもおススメ!?

一言でキリスト教と言っても様々な違いがあります。クリスマスに行きたいと思う教会があれば、雰囲気を知るために前もって訪れるのもいいかも。

普段の日もクリスマスでも、あくまで神聖な場所であることを忘れないで下さいね。スマホはもちろんマナーモード。撮影も許可されているかどうかを必ず確認しましょう。

ミサや礼拝では聖歌・讃美歌を歌う場面があるので喉も大切。持ち物にはのど飴やマスクもプラスしておくと安心かもしれません。

クリスマスだからゴスペルを聞きたいという方、ゴスペルが聞ける教会は限られています。「地名 クリスマス 教会 ゴスペル」で調べると各地のおススメ教会出てきます。

We also wish to become a happy Christmas this year.

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ