北海道新幹線で東京から札幌まで行かれるの? 料金はいくら??


北海道新幹線の話題をニュースなどで耳にしますね。開業日も決まり、10月13日の鉄道の日イブには料金も発表されました。

北海道に上陸した新幹線の姿をご覧になりましたか? 寒さの厳しい地域を走るためのフォルムとカラーが特長ですね。

特に今回は「ラベンダー」やフランス語では「リラ」のライラックを感じさせる、キレイめパープルラインが目を引きつけます。努力と叡智と技術の結晶が北の大地へ新幹線の第一歩を踏み出すことを可能にしました。

ラベンダー

当然乗換えは必要ですが南の鹿児島から、北の函館まで新幹線で移動できるのです。

鉄道ファンは分野が細分化されているので、新幹線は新参者として少し肩身が狭いかもしれません。でも新人を温かく迎えることで鉄道ファンの心の広さを見せたいですね。

いつかは札幌まで行かれるの? 気になる東京からの北海道新幹線の料金を調べました。出発進行!!

スポンサード リンク

北海道新幹線料金が発表されました!!

10月13日、鉄道の日の前日に満を持して北海道新幹線の料金が公表されました。こちらをまず確認しましょう。開業日は2016年3月26日先勝の土曜日。出発に相応しい日ですね。

春はまだ遠い北国に向かう新幹線の料金はこうなりました。

稀有な存在の夜行急行はまなすも役目を終えます。お疲れ様!

東京駅〜新函館北斗駅「はやぶさ」料金表(最短所要時間:約4時間10分)

座席ランク 運賃 特急料金 合計
普通指定席 11,560円 11,130円 22,690円
グリーン車 11,560円 18,500円 30,060円
グランクラス 11,560円 26,720円 38,280円

通常期東京から乗車した場合の料金です。新函館北斗駅へは22,690円。グリーン車は+7,370円。グランクラスは+15,590円。1車両に18席の選ばれたセレブな指定席です。

ここで質問が出そうですね。はい、新幹線はこの「新函館北斗駅」まで。札幌は? これから解説します。北への旅の未来を見てみましょう。

新函館駅から札幌は? 新幹線で行かれるの??

2016年3月26日に開業する北海道新幹線はまず東京から新函館北斗駅を結びます。新しい駅の所在地は函館市に隣接した北斗市にあります。

新函館北斗駅から札幌に新幹線が延伸されるのは2030年。15年後を予定しています。(前倒しの開業予定が発表されました。)

開業のあかつきには函館・札幌間は約1時間で結ばれます。距離にすれば東京から名古屋の手前辺り。北海道は広いですね。

今は特急で3時間24分・8310円、バスで約7時間・4810円かかる2つの都市が日帰り可能な時間で移動ができます。

スポンサードリンク

函館に行くときのライバルは飛行機?

道都札幌まで新幹線で行くにはまだ時間がかかりそうです。でも新幹線もきっと札幌まで線路が延びる日を心待ちにしています。

せっかくの新駅から行ける道南のグルメ王「函館」を目指すことにしましょう。明日函館に海鮮丼を食べに行きたい人いますか? まずは羽田空港から飛行機に乗りましょう。

  • 羽田空港〜函館空港
  • ・1日8往復 最安値は1万円代もあり。通常は27,000円~35,000円。
    ・所要時間:約1時間20分

    函館空港から朝市のある函館駅までバス約30分・410円。

函館山

  • 東京駅〜新函館北斗駅
  • ・1日10往復(はやぶさ) 普通席片道22,690円 ハイシーズンは200円が加算されます。
    ・所要時間:約4時間

    新函館北斗駅と函館駅は「はこだてライナー」快速で約17分で到着予定です。記念切符が360円で発売され、地元の期待も高まっています。

所要時間・料金からすれば今まで通りの飛行機でと思いますね。新幹線の長所を挙げるとすると繁忙期で極端に料金が変わることが無い。

飛行機が定員約200人が8往復で1日の輸送人口1600人。新幹線は定員731名が10往復で7310人を運びます。繁忙期に飛行機の予約が取れない時は、新幹線という手段を選ぶことが可能になりました。

1日も早く札幌に乗り換えなく行かれることが大きく望まれている北海道新幹線。でもせっかくの新線開業です。見送るだけではもったいない、やはり体験したいですね。

料金や時間だけではなく、北海道新幹線の旅を楽しみたいですね♪
北海道新幹線♪東京から札幌までの所要時間はどれくらい?

お得に乗りたい! 北海道新幹線♪

先日北海道新幹線のグランクラスで使われるシートを直に見ることができました。最大45°にリクライニングできるビジュアルは飛行機のファーストクラス。シードルワインも無料で提供される予定です。

グランクラスは片道38,280円ですからこれ位のサービスがほしいというのが利用側の本音かもしれません。

JR東日本のネットから早期申込みで乗車券を購入すれば25%の割引が受けられます。このまま適用されれば東京〜新函館北斗の普通席は17,010円になると想定されます。

今計画されている「新函館北斗駅〜新青森駅」のお得キップで通常7,260円を約4割引きの4,350円。こちらもネット予約のみとなる予定。

東北・北海道の旅を計画する時はぜひ思い出してください。仙台の牛タン・青森のほたて浜焼き・函館の海鮮丼と、広域厳選グルメツアーが頭に浮かびますよね。特定列車の料金割引予定情報もあります。

「グランクラスの旅」というJR東日本の商品なら、ほぼ宿泊代だけでグランクラスとグリーン車が満喫できます。お得感見逃し禁止ツアー間違いなし。

現在発売されているものは新青森〜函館は特急を使用しています。3月26日の開業に合わせて順次新商品が発表されるのが待ち遠しいですね。

約4時間の所要時間が、北海道の旅のランクアップを十分に感じ取れる料金設定になることに期待が膨らみます。広大な大地と高い空と海鮮丼。大盛りであなたのお越しをお待ちしています。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ